2017年1月13日金曜日

東京新聞の社説から

今日、1月13日(金)の「東京新聞」の社説は「野党の選挙共闘」という題で、「小異残して大同に付け」という見出しをつけています。安倍首相は次の総裁選に勝てば長期政権も視野に入るとしつつ、「しかし、安倍政権の下での国会は、惨憺(さんたん)たる状況だ」と断じています。昨年の臨時国会では年金支給額を抑制する法律の採択、刑法が賭博として禁じるカジノを合法とする法律の審議を強引に進めました。
 この「状況を変えるには、野党が選挙で議席を増やすしかない」と説きます。そして「暴走する安倍政治に歯止めをかけるため、民進、共産、自由、社民の野党四党は次期衆院選での共闘にむけた協議を急ぐべきだ」とまとめています。
 私たち〈いちご市民の会〉が集まりで話していることと同じですね。

 東京新聞のこの社説はオンラインでも読むことができます。

 東京新聞社説「小異を残して大同に付け」(2017年1月13日)